今週の週刊トラベルジャーナル
〔編集長より〕

 下限を下回る運賃・料金で貸切バスを手配したとして、旅行会社に対する行政処分が相次いでいます。悲惨なバス事故が頻発するなか、安全確保に向けて導入された新運賃・料金制度ですが、いまなお守られない現実。

 特集「下限割れ取引」では制度導入にかかわった関係者らに、あらためて制度・事業面から検証をお願いしました。新制度を取りまとめた名古屋大学大学院の加藤博和准教授からは、「意地悪な編集部」とカウンターを受けながらもしっかり旅行会社へのお願いをまとめていただきました。
 
旅行業界の最新ニュースリリース 掲載ご希望はこちら