プリンス、恵比寿に次世代型ホテル開業 スマホで予約や入室

2020.08.24 00:00

スマホをルームキーやチェックアウト時の事前決済に利用できる

 プリンスホテルは10月8日、次世代型の新ブランド「プリンス・スマート・イン」の1号店を東京・恵比寿に開業する。ICT やAI(人工知能)を導入し、スマートフォンで予約からチェックアウトまでシームレスに行えるようにする。デジタルネイティブ世代が求めるスマートな滞在に対応する。

 プリンス・スマート・イン恵比寿(全82室)は、JR・地下鉄駅から徒歩3 ~5分の場所に立地。野村不動産が国家公務員宿舎原町住宅の跡地に建設した複合施設内に出店する。約40席のレストラン、会議室、フィットネスジム、ランドリーなどを備える。

 導入する機能はホテルごとに異なるが、恵比寿では公式アプリで予約でき、スマホをルームキーやチェックアウト時の事前決済に使える。ロビーには自動チェックイン機や手荷物ロッカーを備え、フロントの対面サービスをなくした。マップ型デジタルサイネージに宿泊客からの情報を映して客同士の情報交換の場を提供する試みも行う。

 客室には多言語対応のスマートスピーカーを設置し、機能や使用方法などの質問に応える。

 今秋以降に熱海、21年以降は京都や那覇で開業を予定している。