今週の週刊トラベルジャーナル
<編集長より>

 旅の企画力を高めるために旅行業界でもさまざまな取り組みが行われているようです。

 ただ、現地情報への精通は大前提だとしても、その旅程からどのような時間を演出するかということまで照準をあわせた取り組みは少ない気がします。

 特集「旅の企画力とは何か」では、そもそも消費者が求める企画力と旅行業界が高めようとしている企画力にギャップがあるのでは、と問いかけました。

 リディラバ・安部敏樹さんの「どこに行くかより、それで何が変わるかだ」というメッセージには溜飲が下がります。
 
旅行業界の最新ニュースリリース 掲載ご希望はこちら