米国ホテルの会員向け特別料金、予約急増 公式サイトで囲い込み成功

2020.03.09 00:00

 ホテル業績分析会社のカリブリ・ラブスによると、米国のホテル予約数に占めるロイヤルティープログラム会員限定料金の予約数は19年に前年比7.6ポイント増の56.2%となり、過去最高を記録した。主要ホテルブランドが直接予約を促すキャンペーンを開始した16年から17.3ポイントも上昇した。

 先ごろロサンゼルスで開催されたアメリカ・ロッジング・インベストメント・サミットで、カリブリのシンディ・エスティス・グリーンCEOは、ブランド公式サイトが着実に成長し、米国のホテル予約に占める割合が過去最大の26.3%になったと報告した。次いでホテルへの直接予約が25.2%だが、かつての50~60%から減少している。間接的予約となるOTA(オンライン旅行会社)は成長し、17.7%を獲得した。

 会員料金の貢献は、販売された10泊のうち6泊と非常に大きい。ブランド公式サイトが促したとみられる。


この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「Hotel loyalty bookings in U.S. reach all-time high」