JR東日本の品川開発事業、JWマリオットや大規模MICE施設を整備 国際拠点に

2022.05.02 00:00

高輪ゲートウェイ駅周辺に高層の複合棟3棟と住宅棟、低層の文化創造棟を整備

 JR東日本が品川開発プロジェクトとしてまちづくりを進める高輪ゲートウェイシティに、JW マリオット・ホテル東京が開業するほか、大規模MICE 施設が整備される。高輪ゲートウェイ駅の周辺エリアに商業施設やオフィス、展示施設・ホール等を備えた高層の複合棟3棟と住宅棟、低層の文化創造棟を整備するもので、羽田空港とのアクセスが良好な立地特性も生かし、最新の国際拠点を目指す。

 このうち、25年3月に開業予定の駅前の複合棟の1つにJWマリオットが開業する。国内で2軒目、首都圏へは初進出となり、計約200室を予定。

 MICE施設はコングレがコンベンション・カンファレンス分野の事業パートナーとして開業へ準備を進め、国際会議の誘致と運営に関わる。次世代型の機能が充実した施設として複合棟に誕生し、コンベンション施設やコンベンションホール(約1700㎡、最大2000人収容)、中小14の会議室を整備する。

【あわせて読みたい】コングレ、新MICE施設を運営へ 大阪の未来医療国際拠点内で