7月の客室利用率53.1%、関東が回復も先行き不透明

2021.08.23 00:00

 全日本ホテル連盟(ANHA)に加盟する131ホテルの7月の平均客室利用率は前年同月比17.9ポイント増の53.1%となった(速報値)。GoToトラベルキャンペーンが一時停止されて以降、ほとんどの月で30~40%台が続いていたが、6月から6.8ポイント上昇するなど回復が見られた。

 全国10地域のうち6地域が前年同月比でプラス。特に伸びたのが関東で29.9ポイント上昇した。低迷していた東京都が31.3ポイント増の53.4%に回復したことが押し上げ要因となった。

 ただ、先行きは不透明だ。緊急事態宣言の対象地域が13都府県に広がり、本来ならば書き入れ時の夏休みの宿泊需要が失われた。先の予約にもキャンセルが出ているという。

【あわせて読みたい】6月の客室利用率40.7%

関連キーワード