ブッキング・ホールディングス、売上高の2割が個人宅やアパート

2019.03.18 19:23

 ブッキング・ホールディングスは初めて、ブッキング・ドットコムで扱う新タイプの宿泊施設の収入を開示した。住宅やアパートメント、その他の施設を含む18年の収入は28億ドル(約3100億円)で、全収入の20%を構成する。増加率も全体を上回った。18年末時点の掲載数は570万軒で前年比18%増となっている。

 ブッキング・ドットコムのアクティブユーザーの40%が昨年1年間で新タイプの施設を予約した。同社はホテルと新型の両方を1つのプラットフォームに表示する方法が最善だとしている。



この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「Booking Holdings breaks down private accommodation revenues for first time, now at 20% of total」