10月の客室利用率49.8%、GoTo東京追加で改善

2020.11.16 00:00

 全日本シティホテル連盟(JCHA)に加盟する130ホテルの10月の平均客室利用率(速報値)は、前年同月を34.0ポイント下回る49.8%だった。GoTo トラベルキャンペーンの対象に東京が加わり、9月から6.4ポイント改善した。

 全国10地域のうち、最も利用率が高かったのが北陸の77.5%で、前年同月に比べ6.2ポイント減。東北も66.7%で5.0ポイント減にとどまった。甲信越と北海道も60%台だった。一方、関東は43.1%で、東京都に絞ると39.4%と低迷しているが、9月からは10ポイントほど改善がみられた。

 ただし、JCHA は「都・県の独自クーポンも加わり、一時的には伸びている印象だが、キャンペーン終了後の落ち込みへの心配は深刻」としている。

【あわせて読みたい】GoToトラベルの3カ月