11月の客室利用率55%、GoTo効果で改善も後半ブレーキ

2020.12.14 00:00

 全日本シティホテル連盟(JCHA)に加盟する137ホテルの11月の平均客室利用率(速報値)は、前年同月を30.5ポイント下回る55.0%だった。10月から1.7ポイント改善した。東京を含むすべての地域がGoToトラベルキャンペーンの対象となったことによる恩恵があった一方、下旬から新型コロナウイルス感染症が拡大し、キャンセルが増加。回復基調にブレーキがかかった。

 全国10地域の中で最も利用率が高かったのは北陸の84.0%で、前年同月に比べても4.6ポイント減にとどまった。次いで東北の71.6%で0.2ポイントの微増となった。

 50%を割り込んだのは四国(47.6%)と関東(48.5%)。関東は東京都が44.2%で需要回復が遅れている。

【あわせて読みたい】10月の客室利用率49.8% 9月の客室利用率39.3%

関連キーワード