2月の客室利用率13pt減、新型肺炎響く 3月は「50%以下」

2020.03.23 00:00

 全日本シティホテル連盟(JCHA)に加盟する128ホテルの2月の平均客室利用率は、新型肺炎の影響を受け、前年同月比12.8ポイント減の69.6%となった。近年はおおむね8割台で推移しており、7割を切るのは16年1月以来。

 全国10地域のうち、甲信越を除くすべての地域で減少した。JCHAは「新型肺炎によるキャンセルは計り知れない」と述べ、ディズニーランドなど大型施設が休園し、イベントが軒並み中止となっている3月は「50%以下になるのではないかという話も聞こえている」などとしている。

 特に2大都市圏の落ち込みが大きく、東京都は17.0ポイント減の73.6%。大阪府は24.6ポイント減とさらに大きく、59.6%に低下した。