8月の客室利用率85.6%、北海道の好調続く

2019.09.23 01:00

 全日本シティホテル連盟(JCHA)に加盟する125ホテルの8月の平均客室利用率は、前年同月比1.3ポイント減の85.6%となり、3カ月ぶりのマイナスに転じた。北海道や北陸が高稼働で、低調だった四国の底上げが図られた一方、東北、関東、東海、中国、九州が低下し、全国10地域のうち半数が前年を割り込んだ。

 最も利用率が高かったのは北海道(93.0%)。3カ月連続で全地域中トップと好調が続いている。北陸も92.2%と満室に近い状況だった。お盆休み需要が見込めた同月は、前年より低下した関東や東海、九州でも80%以上を確保した。

 2大都市圏を比較すると、東京都は3.7ポイント減の86.2%だったのに対し、大阪府は7.5ポイント上昇し、90.7%となった。