GDS各社がホテル販売強化 重複掲載の課題も

2019.07.29 18:07

 GDSがホテルのB2B販売を強化している。セーバーは昨年、専用のプラットフォームを立ち上げると同時にブッキング・ドットコムと提携した。トラベルポートは12年から客室販売プラットフォームにブッキング・ドットコムから抽出したコンテンツを追加している。アマデウスは5月末、ブッキング・ドットコムとの提携を発表して以降、宿泊の予約需要が30%増加したという。

 GDS3社はホテル販売のネットワーク構築による効果を狙っている。しかし、課題がないわけではない。コンテンツ抽出先がホテルやOTA(オンライン旅行会社)、ホールセーラーなど多岐にわたるため、同一ホテルが3~4回も表示されるなど重複掲載が発生しているからだ。GDSはAI(人工知能)を備えたシステムを導入し、この問題の解決に取り組んでいる。

 セーバーホスピタリティーソリューションズの第1四半期の営業収入は7300万ドルで前年同期に比べ7%増加した。アマデウスも第1四半期に新事業(ホスピタリティー・空港・鉄道)の収入が2桁増となった。



この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「Bringing on content and the network effect for GDS hotel platforms」

関連キーワード