旅行の広告出稿が増加 半数が宿泊関連

2022.07.04 00:00

 旅行需要が回復するにつれて広告費も増加し、米国の旅行広告主は1月から4月にかけて6億2300万ドル近くを投資した。メディアレーダーが航空会社、宿泊プロバイダー、レンタカー会社、観光組織を対象に出稿状況を分析したところ、広告費が21年の4億3500万ドルから43%増加し、計6億2300万ドルとなったことがわかった。

 そのうち半分が宿泊施設の広告主で、エアビーアンドビー、エクスペディア系列のバーボ、ヒルトン、マリオットなど6社がそれぞれ1000万ドル以上を費やしている。航空会社の広告費は141%増。2月は1月に比べ340%も増加した。上位はデルタ航空(約750%増)、サウスウエスト航空(215%増)など。一方、観光組織は月額支出の18%から35%の範囲で、4月までの広告費は前年同期に比べ46%増。

 レンタカーは21年の1~4月に比べ50%増加している。テレビが93%増、デジタルディスプレイが250%増。一方、オンラインビデオ、フェイスブック、印刷物は減少した。


この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「TRAVEL ADVERTISERS RAMP UP SPEND AS DEMAND RECOVERS」