21年の訪日消費額1208億円 観光庁試算 観光途絶え、コロナ初年比8割減

2022.04.18 00:00

 観光庁は21年の訪日外国人旅行消費額を1208億円と試算した。コロナ禍の影響で9月まで調査を中止したため、10~12月期の1人当たり旅行支出(51万7987円)などを用いて算出した。

 国境をまたぐ往来が制限され、観光目的の入国が1年を通じて認められなかったことが響き、コロナ禍初年の20年(7446億円〔試算値〕)に比べ83.8%減。19年の4兆8135億円には到底及ばない。10年前の11年(8135億円)との比較でも85.2%減。

 なお、10~12月期の調査対象は大半がビジネス、親族・知人訪問、留学など長期滞在者で、例年より単価が高水準となっている。20年の試算に用いられた1~3月期の単価は18万5413円。

【あわせて読みたい】20年訪日旅行消費額、85%減の7446億円 ベトナムが国別6位浮上 19年訪日消費額4.8兆円、単価15万8000円 20年目標にほど遠く

関連キーワード