アゴダ、客室のホールセール拡大 ベッド・ネットワーク立ち上げ

2022.01.10 00:00

 アゴダは新しいホテルソリューションとして「ベッド・ネットワーク」を立ち上げ、ホールセールを拡大する。親会社のブッキング・ホールディングスと航空会社、非オンライン旅行会社、クレジットカード会社など、1万を超えるアフィリエイトパートナーと接続し、提携する宿泊施設が卸売料金をより効率的に流通できるようにする。

 提携の主なメリットには柔軟な収益管理が含まれ、必要に応じて価格設定と在庫に関する収益計画を変更できる。面倒な手続きが減り、すでにアゴダ経由で客室を販売している場合は追加の契約は不要で、時間とコストを節約できる。グローバル市場全体で広範な流通ができるようになる。

 ベッド・ネットワークはアジア、欧州、中東の20市場で立ち上げられ、22年はグローバルに拡大する予定。


この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「AGODA LAUNCHES BEDS NETWORK TO HELP HOTELS DISTRIBUTE WHOLESALE RATES」

関連キーワード