4月の客室利用率39.7%、緊急事態宣言で前月から10pt減

2021.05.24 00:00

 全日本ホテル連盟(ANHA)に加盟する126ホテルの4月の平均客室利用率は39.7%となった(速報値)。前年同月に比べ21.3ポイント上昇したが、3月からは10.9ポイント低下した。4月25日の緊急事態宣言発出に伴いキャンセルが相次ぎ、期待したゴールデンウイーク需要を摘み取れなかった。

 前年同月に比べると、全国10地域すべてがプラス成長。東北が27.7ポイント増で利用率は最も高い66.7%となり、甲信越が28.1ポイント増の53.8%と続いた。最下位は四国の23.0%。0.4ポイント増と回復がわずかだった。

 2大都市圏は、東京都が37.8%。新型コロナウイルスの感染急拡大で緊急事態宣言の対象となった大阪府は25.9%にとどまった。

【あわせて読みたい】3月の客室利用率44.3%

関連キーワード