JSTO、店舗情報を検索サイトに一括配信 来店機会の損失抑制

2021.04.19 00:00

 ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)は約1000店舗の情報を扱うウェブサイト「Japan Shopping Now」を全面的に刷新し(写真)、店舗情報を検索サイトに一括配信できるようにした。グーグルやトリップアドバイザーなど約30の検索サービスと自動連携し、店側が日本語で商品やセールなどの情報を入力すると、英語、韓国語、中国語(繁体字・簡体字)に翻訳する。

 イエクストの調べによると、オンラインユーザーの7割が検索エンジンやSNSなどで情報を取得している。一方、検索サービスに掲載されている企業情報の4割に誤りがあり、店側が管理できないことが多い。正しい情報を管理し、来店機会の損失を防ぐ。利用を促すため、9月まで初回登録料を半額とした。

【あわせて読みたい】20年訪日旅行消費額、85%減の7446億円

関連キーワード