主要旅行業者の8月取扱額86.3%減、GoToで国内旅行やや改善

2020.11.09 00:00

 観光庁がまとめた8月の主要旅行業者48社の総取扱額は、前年同月比86.3%減の670億1538万円となった。出入国制限に伴うツアーの催行中止が続いており、海外旅行は98.3%減の35億6472万円、外国人旅行は96.0 % 減の7億1779万円だった。国内旅行は76.3%減の627億3286万円で、6月からわずかながら回復。GoToトラベルキャンペーンによる効果が一定程度見られるものの、明らかな改善には至っていない。

 企業別では、海外・外国人旅行が壊滅的な状況のなか、国内旅行の取り扱い状況によって差が出た。減少幅が最も少ないのが富士急トラベル(48.4%減)で、日産クリエイティブサービス(71.9%減)、ジェイアール東海ツアーズ(75.8%減)と続いた。