プリファードホテル、サステナブル支援を強化 ビヨンドグリーントラベル買収

2020.08.24 00:00

 プリファードホテルズ&リゾーツを傘下に持つプリファードホテルグループ(PHG)は、国や観光地域、旅行会社などにサステナブルトラベルに関するコンテンツ開発や戦略策定、コンサルティング業務を提供するビヨンドグリーントラベルを買収した。PHGのユベロス・リンジーCEOは、「サステナブルトラベルのプラットフォームを構築することで、加盟ホテルが日常業務に取り入れることができる」と狙いを述べている。

 取り組みの一例では、ホテルの二酸化炭素排出の削減など、設定された目標や目標に対する持続可能性の実践を測定する。これにより、施設側は定期的にレポートを作成し、サステナビリティーへの関与を対外的に示すことができる。従業員には、サステナブルツーリズムの基礎をはじめ、変化などをウェビナー形式で学ぶ機会を提供する。

 宿泊者が体験するサステナブルトラベルにおける取り組みも視野に入れる。日本では、伝統的な有機栽培農家への訪問や環境保護活動家との学びの場などを設定するなどの案がある。

 ビヨンドグリーントラベルは、ブータンの国家エコツーリズム計画の確立やコロンビアの観光戦略などに貢献した実績がある。

キーワード#プリファードホテルズ&リゾーツ#新着記事