8月の百貨店外客売上高6%減、6カ月ぶりマイナス転換

2021.10.25 00:00

 日本百貨店協会がまとめた8月の訪日外国人客の来店動向によると、調査対象88店舗の総売上高は前年同月比5.9%減の約33億4000万円となった。6カ月ぶりのマイナス転換。購買客数も31.6%減の約8000人だったが、1人当たりの購買単価が37.5%増の約42万9000円と2桁成長を続けているため、減収幅は1桁台にとどまった。ただし、新型コロナウイルス流行前の19年同月と比べると87.0%減で、回復には至っていない。

 売上高を費目別に見ると、ブランド品など一般物品は52.0%増の約28億7000万円とプラスだが、化粧品・食料品等の消耗品は71.6%減の約4億7000万円とマイナス成長が続いている。総売上高に占める一般物品の割合は85.9%とさらに上昇した。

【あわせて読みたい】7月の百貨店外客売上高22%増、客数マイナスも単価上昇