KNTがハイクラス新ブランド 新規契約施設を増強、5万円台中心

2021.10.18 00:00

 近畿日本ツーリスト(KNT)は新たにハイクラスブランド「Blue Planet」を立ち上げ、10月8日から販売を開始した。上質な旅館・ホテル約500施設を取りそろえ、高単価客など上級市場の獲得を図る。地球環境などサステイナビリティーに敏感な客層を意識し、ブランド名にも反映した。

 新規契約は半数の約250施設に上る。「箱根強羅 白檀」などが含まれ、1泊1室5万円が中心価格帯。多様な価値観とニーズに対応するため、全室露天風呂付きで20室以下のおこもり宿、一度は泊まりたい名旅館など、6つのカテゴリーに分けて提案する。来年3月をめどに50程度に増やす予定だ。

 主な販路は自社ウェブサイトの専用ページで、アプリも開発予定。認知向上に向け、SNSでの訴求や需要層が同じ異業種との協業にも取り組む。 ​

【あわせて読みたい】近畿日本ツーリストが10月復活、子会社合併で約9年ぶり KNT-CT、債務超過解消へ400億円調達 子会社合併など構造改革急ぐ

関連キーワード