8月の客室利用率は32.7%、GoTo除外で東京22.1%と低迷

2020.09.21 00:00

 全日本シティホテル連盟(JCHA)に加盟する120ホテルの8月の平均客室利用率は、前年同月を52.7ポイント下回る32.7%となった。7月22日からGoToトラベルキャンペーンが開始されたものの、東京除外の影響もあり、7月から微増にとどまった。東京都は22.1%と低稼働が続いている。

 全国10地域中、北海道が59.2%と最も高い。その他は50%を割り込み、中国は57.3ポイント減の18.1%だった。JCHA によると、キャンペーンで家族客などの増加が一部で見られた半面、スポーツ大会やイベントの中止が響き、予約が少ない状況。間際予約が多く、単価も上げにくいという。

 9月は修学旅行や団体のキャンセルで多くの施設が厳しい状況を予想している。