11月の客室利用率60.9% 10月からさらに上昇、ビジネス目的増加

2021.12.13 00:00

 全日本ホテル連盟(ANHA)に加盟する130ホテルの11月の平均客室利用率は、前年同月比2.4ポイント増の60.9%となった(速報値)。緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除された10月の速報値に比べ8.2ポイント上昇した。ANHAによると、ビジネス目的や工事関係者の宿泊が増加し、週末の観光目的の利用も若干増えてきているという。

 全国10地域のうち、前年同月比でプラスとなったのは5地域。ただ、マイナスとなった地域でも、中国、四国、九州は落ち込み幅が縮小した。四国は全国で最も低い41.7%だが、10月の29.9%から大きく改善が見られた。

 利用率が最も高かったのは北陸で13.9ポイント増の84.3%。北海道が28.9ポイント増の82.2%と続いた。

【あわせて読みたい】10月の客室利用率52.7%、緊急事態宣言解除で9月から回復

関連キーワード