HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2011年7月4日

7月4日号〈時の話題〉「ツアオペの商取引実態」他

Check
2011年7月4日号

Feature(時の話題)
ツアオペの商取引実態
OTOAが4年ぶり調査、国際標準との乖離も 
日本の旅行会社とツアーオペレーターの商習慣にグローバル化が求められて久しい。日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA-Japan)が会員を対象に実施した4年ぶりの調査では、手配代金の支払いに一部改善が図られたものの、取引習慣の違いが数多く見られる結果となった。

   訪日市場 復活への足取り
【第5回 東南アジア】
生きたネットワーク
現地旅行業の支援続々
昨年、タイ、シンガポール、マレーシアからの訪日客数がそろって過去最高を記録した東南アジア市場。震災による複合危機は新興市場にも大きく及んだが、キーパーソンや現地旅行業協会、旅行会社幹部らが次々と立ち上がり、訪日旅行復活への確かな道筋をつけている。




iPad、iPhone、iPod Touchで立ち読みをするには専用ビューアーが必要です。
App Storeからダウンロードしてご利用ください。




 次の号 バックナンバー一覧に戻る 前の号

  がんばろう ニッポン
がんばろう 旅行産業