ホスピタリティ ツーリズム専門学校とホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪(学校法人トラベルジャーナル学園、森谷博理事長)ではこのほど、高校生ホスピタリティ俳句コンテストを開催した。最近、わが国でもよく使われるようになってきたホスピタリティという言葉や概念を、俳句を通じて高校生の目線で捉えるとどうなるのか、を目的に実施した。昨年に続き2回目。全国の高校生を対象に今年4月から7月まで募集した。観光・教育関連16団体および5社が後援した。 

今回のコンテストには、昨年の倍以上に上る1320名の高校生から2284作品の応募があった。厳正な審査を行った結果、鹿児島純心女子高3年小牧佳子さんの「おはようの その一言で 笑顔咲く」が最優秀賞に選ばれた。このほか、優秀賞3席、佳作7席が選ばれた。ホスピタリティを表現した今回の俳句は、ごくごく平凡なことや身近なところから家族愛や地球愛に至るまで幅広く題材を求めるとともに、視線の鋭さ、誰もが考えつきそうでつかない秀逸な作品が多かった。

表彰式は922日日開催の同校学園祭で。入選作には副賞として旅行券が贈られる。受賞作品は次の通り。

 

【最優秀賞】

 おはようの その一言で 笑顔咲く

     鹿児島純心女子高3年 小牧佳子さん作

講評:教室の朝のヒトコマでしょうか?クラスメートが気軽に掛け合う「おはよう」の挨拶。元気な掛け声により、あちこちに笑顔の花が咲き、とっても清清しい一日が今日も迎えられる、そんな作品です。

 

【優秀賞】

言葉より 気持ち伝わる その笑顔

藤尾 春菜さん(大阪府立東淀川高・3年)

講評:「言葉以上に感情が伝わるって、あるよね。」が審査員一同の共通に持った感情。笑顔が語るありがとうて、とってもシンプルだけどストレート。赤ちゃんの笑顔も別のシーンとして想像させる作品です。

 

あいさつは 心の花を 咲かす種

安田 明世さん(島根県立正大学淞南高・1年)

講評:「行ってきます」「いってらっしゃい」こんな会話が交わされる街が、東京校の近くにある東中野銀座商店街です。恥ずかしがらず勇気を持ってホスピタリティの種をたくさん相手に届けたい作品です。

 

携帯の あ行ででる文字 ありがとう

平良 瞳さん(沖縄県立宮古農林高・3年)

講評:携帯メールでいつもありがとうを使っているのでしょうか?「あ」と入力すると「ありがとう」が冒頭に表示される瞳さんは、どんな「ありがとう」をいつも相手に伝えているか、現代を象徴する作品として選定させていただきました。

 

【佳 作】

ありがとう 想いよ届け シャボン玉

村上 翼さん(愛媛県立伯方高・3年)

 

ありがとう その一言に ありがとう

森田 この美さん(長野県飯田女子高・3年)

 

ここどうぞ 今こそ出せる その勇気

篠原 和花さん(奈良県奈良女子高・3年)

 

なにげない 言葉一つが たからもの

橋本 美幸さん(大分県立竹田商業高・3年)

 

その笑顔 みんなのパワーに なっていく

西野 冬馬さん(大阪市立桜宮高・3年)

 

笑顔こそ 心をつなぐ おもてなし

伊地知 紘子さん(鹿児島純心女子高・3年)

 

あいさつは 誰でも言える 魔法の言葉

立野 龍香さん(鹿児島県立市来農芸高・1年)

 

【審査員】

 委員長 森谷博 トラベルジャーナルグループ代表

委 員  兼高かおる (学)トラベルジャーナル学園名誉校長

東條仁英 ホスピタリティ ツーリズム専門学校校長

児玉哲也 ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪校長

【後援団体】

(社)日本旅行業協会、(社)全国旅行業協会、独立行政法人国際観光振興機構、(社)日本観光協会、(社)日本海外ツアーオペレーター協会、(社)日本ホテル協会、海外ホテル協会、在日外国観光局協議会、太平洋アジア観光協会日本支部、(社)日本添乗サービス協会、(社)日本ブライダル事業振興協会、(社)全日本シティホテル連盟、日本イベントプロデュース協会、(社)日本船旅業協会、(社)日本外航客船協会、(社)航空貨物運送協会、(財)日本ホテル教育センター(専門学校日本ホテルスクール)、(株)専門学校新聞社、(株)観光経済新聞社、(株)トラベルジャーナル、(株)ホスピタリティ、(株)ジャルパック

 

「ホスピタリティ ツーリズム専門学校」に校名変更

 ホスピタリティという言葉は、特に外国においてホテル、航空、旅行といった産業の本質を表現する概念として定着してきたが、近年、わが国においてもサービス産業をホスピタリティ産業と称するところが増え、大切な価値観として社会一般にも浸透し始めている。当校では1993年以来、ホスピタリティを基本理念に置き、「相手の立場に立って考え、行動する」、そうしたホスピタリティ豊かな職業人育成を目指している。

 将来的にはホスピタリティ産業はわが国の一大産業に成長するとの確信のもとに、当校では200741日から学校名を、これまでのトラベルジャーナル旅行専門学校、トラジャル旅行ホテル専門学校から、それぞれ「ホスピタリティ ツーリズム専門学校」、「ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪」に変更している。


この件に関する問合せは下記へ

学校法人トラベルジャーナル学園

ホスピタリティ ツーリズム専門学校

164-0003

東京都中野区東中野3-18-11 A館

広報部まで

TEL 03-3360-4671