ホスピタリティツーリズム専門学校(東京校、大阪校)のメルボルンでの提携校Holmesglen Institute(ホームズグレン・インスティテュート)が、The Victorian Tourism Award(ホスピタリテイ・ツーリズム教育部門)の表彰を受けました。この受賞は、ホスピタリテイ・ツーリズム分野の教育において、ホームズグレンの長年にわたる革新的な取組みと、卓越した教育の質、業界への高い貢献度が総合的にビクトリア州一であると評価されたものです。
メルボルンはシドニーに次ぐオーストラリア第二の都市で、芸術と文化の中心地ともなっています。ホームズグレンはそんなメルボルンの中心シティに程近い場所に1982年2月に開校したビクトリア州立の職業訓練校。チャドストーン、ムーラビン、ウェイヴァリーの3つのキャンパスで、600を超えるコースを50,000人の学生が学んでいます。ホームズグレンのランゲージセンターは各キャンパスにあり、ヨーロッパ、アジア、南米、アフリカ等、世界中から来た多くの留学生がここで英語を学んだ後、それぞれ専門のコースに進学します。生活や就職のために英語を学ぶ学生もいます。構内には自習室、図書室、ジムなどの設備のほか、スチューデントサービスでは、学生向けのツアー企画、クラブ活動の援助や運営、カウンセリングや進路相談を行っています。
ホスピタリティツーリズム専門学校(東京校、大阪校)の学生はチャドストーン、及びムーラビンキャンパスで10ヶ月間勉強します。日本人の5人のスタッフが常勤、24 時間体制で学生のお世話をし、現地編入英語授業、各種資格試験、企業研修、ホームステイ、課外授業、現地学生との交流等、普通の留学では体験できないユニークなプログラムを長年にわたって提供しています。
 
The Victorian Tourism Awardの受賞については
ホスピタリティツーリズム専門学校(東京校、大阪校)のメルボルンキャンパスは