HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2019年7月19日

「ブランドUSAジャパンセールスミッション2019」本年も盛況のうちに終了

Check
  先日、都内にて本年で3年連続となる「ブランドUSAジャパンセールスミッション2019」が開催された。当日はブランドUSAをはじめ、各州や地域の観光局やレンタカー会社、ホテルなど、17の企業と団体が参加した。18年の日本からの訪米者数は約350万人となった。この数字は世界中からの訪米国別を見ても1位カナダ、2位メキシコ、3位イギリスに次いで4番目の数字となる。また渡航者の消費額概算は160億米ドル(日本円で約1兆7280億円)となり、こちらも世界中の訪米国別中4位であった。
 ルイ・ルー ブランドUSAグローバル・トレード開発担当シニア・マネージャーは挨拶の場で、「日本市場は重要な市場の1つと位置づけている。旅行会社を訪米客増につながる重要なパートナーと考えている」と、更なる送客への期待を語った。


▲写真:ルイ・ルー ブランドUSAグローバル・トレード開発担当シニア・マネージャー

 続いて行われたブランドUSAのプレゼンテーションでは、「GO USA」(https://www.gousa.jp)の紹介が行われた。同サイトはアメリカの様々な旅のプランを提供するサイトであるが、旅行業界向けページの情報(https://traveltrade.gousa.jp/)コンテンツでは、随時追加が行われるが、現在50以上の旅程表が日本語で閲覧でき、都市を基点としたモデルコースや日程の紹介とともに、顧客層に応じた情報も得ることができる。
また、旅程プランニングツールであるトリッププランナー(英語版のみ)は、例えば「人気、文化、ショッピング、ペースが速い、ゆっくり」などのキーワードを入力すると、お勧めの旅程を作成してくれるなど、ツアー造成に利便性の高いツールである。
 ほかにも、現地オペレーターなどの情報、申請すれば、自由に画像のダウンロードや使用が可能な機能があり、ツール作りにも活用することができる。
 他にも参加企業と団体のプレゼンテーションと、ワークショップも開催され、延べ2日間に渡って行われたセールスミッションは盛況のうちに終了した。


▲写真:より利便性が高まった「GO USA」サイト

関連サイト:「GO USA」 https://www.gousa.jp
      旅行業界向けページ https://traveltrade.gousa.jp/