HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2019年7月2日

チュニジア・カタール航空 合同セミナーを開催

Check
 先日、日本旅行業協会(JATA)会議室にて、チュニジア大使館・日本旅行業協会・カタール航空による合同セミナーが開催された。北アフリカに位置し、観光地としても様々な素材を持っているチュニジア。当日のセミナーでは、観光のポイントを中心に紹介された。

 地中海に面し、沿岸部の長さが約1,150kmにおよぶ同国は地中海リゾートとして様々な
施設を持っている。沿岸各地には高級ホテルが点在し、近年は世界2位の施設数を持っているタラソテラピーが好評を得ている。海だけでなく、緑も豊かであり、巨大な塩湖や、砂漠、アルジェリアとの国境には山脈も連なり、内陸部のトズールという町は映画スターウォーズのロケ地としても度々撮影が行われている。
 歴史的に見ても、古代より様々な文明や民族の影響を色濃く受けている。先住民族のベルベル人、地中海文明やイスラム教の影響とともにフランス保護領時代の文化なども色濃く残っている。歴史的な遺構は古代カルタゴ、ローマ帝国、アラブのものが多く残っている。同国内には主に首都チュニス近郊や、沿岸地域などで8つの世界遺産を見ることができる。他にも各地のホテルや、モザイク博物館、地中海が見渡せるカフェなどの情報も紹介された。


▲写真:開催にあたり挨拶をするモハメッド・エルーミ特命全権大使

 続いて行われたカタール航空(QR)のプレゼンテーションでは、ドーハ経由のチュニジアへのアクセスへの利便性の高さとともに、現在行われている、「ドーハ・ストップオーバープログラム」の説明も行われた。このプログラムはQRを利用し、ドーハ空港での乗り継ぎが12時間以上の旅行者を対象に、最大で4泊まで4つ星または5つ星ホテルが特別料金で宿泊ができる。

そのほか現地でのツアーの手配も可能である。一例を挙げると、砂漠と海の景色を楽しめる「デザートサファリ」や「ドーハ市内観光」、「ドーハミュージアムツアー」、アラビアの伝統的な木製帆船であるダウ船に乗って楽しむ「クルーズツアー」など多彩なラインナップを持っている。このキャンペーンは「ディスカバー・カタール・パートナー」に登録し、手配を行った旅行会社に販売手数料が支払われるシステムにもなっている。

チュニジア政府観光局 http://gotunisia.jp/
カタール航空 https://www.qatarairways.com
ディスカバー・カタール・パートナー登録サイト https://discoverqatar.biz/