HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2019年5月14日

韓国・忠清南道より観光ミッション団が来日

Check
第3回「百済ウォーキングフェスタ」をピーアール

 このほど、韓国・忠清南道観光協会の金淵南部長を団長とする観光ミッション団が来日し、都内の観光関連企業・団体を訪問、忠清南道の観光の魅力をアピールした。忠清南道は、韓国の中西部よりやや南に位置する行政区で、三国時代、百済の中心地域として栄え、道内の扶餘、公州は百済の都が置かれた場所として有名だ。百済の文化を色濃く残す公州市、扶余郡では、今年9月28日から10月6日まで65回目となる「百済文化祭」が行われる。また、11月1日、2日には今年で3回目の実施となる「百済ウォーキングフェスタ」が開催される。ウォーキングフェスタは、日本人をはじめ、海外からの観光客に定期的に百済ゆかりの地を訪れてもらおうと開催されたイベントで、昨年はおよそ200人の日本人が参加し、好評を得た。前夜祭から歴史のブリーフィング、百済文化の遺跡巡りなどプログラムも充実しており、旅行会社でウォーキングフェスタ商品の販売や来店客への案内などの協力を求めた。


▲写真:来日したミッション団。左から泰安郡の申享澈氏、忠清南道観光協会部長の金淵南氏、忠清南道観光振興・海外マーケティングチームの李炅珍氏、保寧市の兪旻眞氏、コーディネーターとして同行したプランネットの安井大謙氏。