HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2019年4月3日

スペイン ビスカヤ県、ビルバオ市ワークショップ&セミナーを開催

Check
このたび、スペインのバスク州ビスカヤ県と県庁所在地であるビルバオ市は、スペイン政府観光局とターキッシュエアラインズ(TK)との共催で、ワークショップ&プレゼンテーションを都内で開催した。
 2018年にThe Academy of Urbanismにより、ヨーロッパNo.1都市に選出されたビルバオ。今回は現地より様々なサプライヤーが来日し、大西洋に面し自然や世界遺産、独自の文化を持つバスクの魅力を端的に紹介。グッゲンハイム美術館、世界遺産のビスカヤ橋、ユネスコ自然保護区のウルダバイ河口、バスクの原点といえるゲルニカ、バスク料理など、多彩な観光素材を持つ地域である点を強調した。
 TK のプレゼンでは、イスタンブール経由でのビルバオまでのアクセスのよさ、同様にヨーロッパ主要都市、スペイン国内も網羅する、豊富なネットワークを強調した。また、イスタンブールで 20 時間以上滞在するTK利用者にエコノミークラス利用は4 つ星ホテル1 泊分、ビジネスクラス利用は5 つ星ホテル最大 2 泊分の無料の宿泊サービスを提供する「よっ得!イスタンブール」キャンペーンも紹介された。
 
 
 ▲マジ・カステルトルツ スペイン政府観光局局長(左)、イニャキサエンス・デ・ラ・フエンテビスカヤ県ツーリズム・アドバイザー(同中央)、フアン・バリニョビルバオ市観光局プロモーション&マーケティングマネージャー(同右)

 
▲セミナーでは、来場者とサプライヤーによる積極的な情報交換が行われた。

関連サイト:スペイン政府観光局(日本語版):https://www.spain.info/ja/
     「よっ得!イスタンブール」キャンペーン 
                      https://www.turkishairlines.com/ja-jp/flights/stopover/