HOME » 人事・組織・移転 »

リリース日:2019年1月9日

キュナード・ライン ジャパンオフィス、コマーシャル・ディレクターに浅井信一路氏が就任

Check
  キュナードは、キュナード・ライン ジャパンオフィスに営業、マーケティング、広報を統括するコマーシャル・ディレクター職を新設。その職に浅井信一路氏が就任したことを発表、新体制でキュナード・ラインの日本での更なるビジネス拡大を図る。浅井氏は海外在住経験が長く、アメリカの大学でホテル・レストランマネジメントを学んだ後、一貫してホテルビジネスに従事、海外勤務を含め、ホテル業界で35年以上のキャリアを持つ。2000年代前半から都内の4軒の外資系高級ホテルの開業に携った。フォーシーズンズホテル丸の内ではセールスディレクターとして、ザ・ペニンシュラ東京ではマーケティング部長として、アマン東京では副総支配人として、直近ではオークウッドプレミア東京の総支配人としてホテルの開業準備室から立ち上げを経験し、開業後のビジネスの開発、拡大にも携わってきた。
 
  キュナード、プレジデントのサイモン・ペイルソープ氏は「キュナード・ライン ジャパンオフィスの新しい役職に浅井氏を迎えることができ、大変嬉しく思います。日本はキュナードにとって大変重要なマーケットです。彼のホテル業界での豊富な経験は、2022年に新造船の就航を迎えるキュナードにとって、日本でのビジネス拡大に大きな力になると期待しています」と述べている。就任にあたり、浅井氏は、「歴史と伝統を誇るキュナード・ラインの一員になることができ光栄です。そして私の今までのホテル業界の経験をキュナードで生かせることを誇りに思います。キュナードブランドの日本での更なる成長を達成すべく努力をしてまいります」と述べている。


▲写真:キュナード・ライン ジャパンオフィス コマーシャル・ディレクター浅井信一路氏