HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2019年1月7日

週刊トラベルジャーナル2019年1月7・14日合併号(特集:ポスト平成の論点 観光マーケティングと産業イノベーション)発行のお知らせ

Check
【編集長より】

 30年間続いた平成の世が終わり、5月からは新元号による新たな時代がスタートします。

 新時代の幕開けにより時代の空気感が変わり、ビジネスイノベーションの促進や消費活動の活性化がもたらされるのでしょうか。

 そして、新時代にもたらされる産業の変革とはどのようなものなのでしょうか。

 2019年新春特集は観光マーケティングと産業イノベーションを軸にポスト平成の論点について整理しました。

 時代の転換点にあたる今年もまた、さまざまなテーマを皆さまとともに考えていきたいと思います。





【新春特集】
 *ポスト平成の論点
  観光マーケティングと産業イノベーション

 平成を振り返れば、観光の新たな可能性が一気に広がった一方で、観光関連ビジネスのありようが劇的に変化した30年間であった。幕を開ける新たな時代に、旅行・観光産業は古い殻を打ち破り飛躍を遂げることができるのだろうか。

 ▽新たな時代の幕開けへ
 ▽ポスト平成の観光マーケティング
 ▽論点1 時代転換時の消費セオリーとは
  井門隆夫(高崎経済大学地域政策学部准教授)
 ▽論点2 消費者心理はどう変わるか
  黒須靖史(ステージアップ代表取締役)
 ▽論点3 何が購買意欲を動かすのか
  加藤史子(ワメイジング代表取締役)
 ▽どう動く10連休商戦
 ▽ポスト平成の時代のキーワード
 ▽ポスト平成の産業イノベーション
 ▽論点1 AIとどのように付き合うか
  三島健(JTB Web販売部戦略統括部長)
 ▽論点2 持続可能社会への責任を果たせるか
  荒木篤実(パクサヴィア創業パートナー)
 ▽論点3 産業イノベーションは図れるか
  清水泰志(ワイズエッジ代表取締役)
 ▽ASTAが描く旅行業の未来

---------------------------------------------------------------------

注目のニュース
 シートリップ、成長戦略に暗雲
 旅行3社、訪日体験施設を運営
 イベントで臨時免税店を可能に
 10月百貨店外客売上、6.5%増

 誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
  *視座 大下幸夫(IGRいわて銀河鉄道銀河鉄道観光所長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *統計データは語る
 *ビジネスパーソンの日々雑感