HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年11月27日

英語留学の現状など紹介 フィリピン観光省が名古屋でセミナー

Check
 フィリピン観光省が主催するフィリピン英語留学ロードショー2018が11月22日、名古屋市内の東急ホテルで開催され、旅行業関係者約50人が参加した。セミナーは恒例の祈りとフィリピン国家斉唱で始まり、フィリピン観光省のレオナD・ネポムセノ西日本代表が挨拶。現地の英語学校紹介も行われた。また、フィリピン留学普及協会の峰村篤代表理事から、英語留学の現状や近い・安い・安心といったフィリピンでの英語留学のメリットが報告された。

 中部空港からは、フィリピン航空、セブパシフィック航空、ジェットスター・ジャパンが就航しており、新たなフィリピン旅行の素材として注目を集めている。


▲写真左から、フィリピン留学普及協会の峰村篤代表理事、フィリピン観光省のレオナD・ネポムセノ西日本代表、同・レネーマリーN・レイエスESL担当官、同・竹原浩二大阪事務所シニアマーケティングスペシャリスト