HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年11月21日

フィジー政府観光局 「フィジーセミナー&ワークショップ・秋 東京 」を開催

Check
 フィジー政府観光局は先ごろ、東京都内でフィジー 現地から主要旅行サプライヤーが来日し「フィジーセミナー&ワークショップ」を開催した。第1部のセミナーでは、フィジーの6つのエリアの概要とともに、年間を通じて観光が楽しめる点、日本との時差が3時間と体への負担も少なく、ファミリーからシニア層まで楽しめる点、宿泊施設もアイランドリゾートから、船に宿泊するクルーズタイプまで豊富にあり、旅行者の様々なニーズに応えられる点などフィジー観光のメリットが紹介された。
 現在フィジーを訪れる日本人の半分はレジャー目的であり、これからはカップルやファミリーをメインターゲットに、現在も日本人の渡航目的の20%ほどの割合を占める英語語学留学やウェディングニーズも取り組んでいく考えも明かした。本年7月より成田~ナンディ間にフィジーエアライン(FJ)直行便が火、金、日曜の週3便で運航し、日本からのアクセスが格段に向上したフィジー。以前直行便が就航していた10年前の08年の年間渡航者数約21,000人と比較しても、18年7~9月の3ヶ月での送客数が約5,900人と順調に推移している。この数字は、直行便が就航していなかった17年1年間の日本からの渡航者数6,350人に迫る数字となっている。
 セミナー終了後のワークショップでは、旅行業界関係者と現地スタッフの間で積極的な情報交換が行われた。


▲写真:フィジー政府観光局 アジア担当リージョナル・マネージャーのキャサリン・コヤマインボレ氏

[参加企業]
●サウス・シークルズ
●サウス・パシフィックオセアニア
●ザ・パールリゾート
●ツアー ・マネジャー
●トレジャー・アイランド・リゾート
●ナヌク・オーベルジュリゾート
●ヒルトン・フィジービーチ・リゾート&スパ
●フィジーエアウェイズ
●マタノア・アイランドリゾート
●ヤサワ・アイランドリゾート&スパ