HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年6月11日

台湾観光イメージキャラクターは2年連続、長澤まさみさん 就任イベントを開催

Check

夏の台湾観光~SUMMER FORMOSA~

 台湾観光局と台湾観光協会は昨年に続き、今年も女優の長澤まさみさんを「Meet Colors! Taiwan」キャンペーンのイメージキャラクターとして起用することを発表し、6月7日に就任イベントを開催した。「Meet Colors! Taiwan」は、観光スポットやグルメ、文化など台湾観光の奥深さと魅力を、“自分の色を見つける=Meet Colors!”というコンセプトで表現した観光誘致プロモーション。

 イベントの開催にあたり、挨拶に立った台北駐日経済文化代表処の郭仲熙副代表は、関係者による日ごろの協力に感謝の意を述べるとともに、2017年の双方の渡航者数が600万人の大台を超えたことを報告。日台間の人的往来が盛んであり、関係がとても良好であると述べた。

 台湾観光局本局の周永暉局長は、同局が2020年に向けて毎年異なる旅行コースを提案する「ツーリズム2020」に取り組んでおり、18年は「海と湾」をテーマとしていることを紹介した。台湾には、亀山島、緑島、蘭嶼、小琉球、澎湖七美島、漁翁島、吉貝と小金門、馬祖東莒、北竿という10ヵ所の離島があり、台湾本島とは違う景色を堪能することができる。また、お勧めイベントとして、毎年夏に開催される「SUMMER FORMOSA フェスティバル」や、来年2月に屏東大鵬湾で予定されている「ランタンフェスティバル」をアピール。「安心、安全な台湾を旅行し、心で感じていただきたい」と語った。


▲写真:イベントにはイメージキャラクターの長澤まさみさんも登場。就任の挨拶として「2年連続でイメージキャラクターという大役を仰せつかり、大変光栄に思っています。私が見た台湾の良さを多くの人に伝えられるよう、はりきって取り組んでまいりたい」と述べた。トークセッションでは台湾観光局の新CMの感想や、夏におすすめの観光スポット、グルメなどを披露した。これから訪れてみたいスポットとしては、海が青く光る「青い涙」で知られる馬祖島。最近は台湾のかき氷にはまっており、『雪花氷』を紹介。次回、訪れた際には『サボテンかき氷』を食べてみたいと語った。


▲写真:長澤まさみさん(中央)と、台湾観光局の周局長(右)、台北駐日経済文化代表処の郭副代表(左)