HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2018年4月23日

週刊トラベルジャーナル2018年4月23日号(特集:スポーツでおもてなし 日本の観戦文化に変革旅行)発行のお知らせ

Check
【編集長より】

 セナとプロストが火花を散らしていた1990年代、鈴鹿サーキット特別席でF1観戦を堪能したことがあります。

 軽食が楽しめたり、F1ドライバーが立ち寄ったりと、一般席では味わえないような仕掛けに随分と興奮したものです。

 特集「スポーツでおもてなし」はそんなスポーツ観戦の新ビジネスに注目しました。

 JTBは19年ラグビーW杯から本格的に取り組むといいます。

 スポーツ観戦というと、一部ファンが気合を入れて臨むイメージもありますが、新たな客層へ広げるためにも多くの参入が期待されます。





【特集】
 *スポーツでおもてなし
  日本の観戦文化に変革

 スポーツ観戦を核とする「スポーツホスピタリティー」という事業形態への期待が高まりつつある。すでに欧米で確立されているが、日本ではなじみが薄かった。しかし、ラグビー・ワールドカップや東京五輪の開催を控え、新たなビジネスモデルとしての可能性が見えてきた。

  ▽スポーツホスピタリティーの概念
  ▽ガンバ大阪の取り組み
  ▽地域開催の成功要件
   小川高志(新日本有限責任監査法人 エグゼクティブディレクター)
  ▽世界的動向
   望月傑(MCI-JCSジャパン ディレクター〔ビジネス・デベロップメント〕)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *外国人が支持する本物に出会う東北ツアー
  ダイヤモンド・ビッグ社がグランプリ受賞

注目のニュース
 フィリピン、リゾート島を一部閉鎖
 徳島市観光協会、破産手続き開始
 GW動向、国内旅行者が過去最高
 12月旅行取扱額、1.0%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『地方誘客は体験型で』
  原口健司(JNTO上海事務所長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *ひと 石川邦大氏(T-LIFEホールディングス代表取締役社長)
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(サクラホステル浅草支配人)

統計・資料
 *旅行業主要50社 12月の取扱状況