HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年12月13日

カリフォルニア観光局、大阪で業界向けイベントを開催

Check
カリフォルニア観光局は先ごろ大阪にて旅行会社、メディアを対象としたセミナーおよびレセプションを開催した。セミナーでは、カリフォルニアより来日したサプライヤー15社が、アップデート情報を紹介。カリフォルニア観光局によるプレゼンテーションでは、家族を対象にしたプロモーション「ドリームキッズ」、観光教育プログラム「カリフォルニア・スター」などが説明された。トークセッションでは、カリフォルニアのガイドブックなどを手がけるフリーランス・エディターの宮原友紀さんをゲストに迎え、女子旅をテーマに、海、山、街など色彩豊かな現地の魅力について話された。後半のレセプションでは、カリフォルニアの食材を使用した料理、ワイン、ビールを楽しみながら、食の魅力を体験した。

今回、セミナーに参加者した事業者は以下の通り(順不動)。

ロサンゼルス観光局、サンディエゴ観光局、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド、アナハイム観光局、サイモン・ショッピング・デスティネーションズ、ハーツレンタカー、パームスプリングス観光局、サンフランシスコ観光協会、ヨセミテ・マリポサ観光局、シーワールド・サンディエゴ、レイクタホ観光局、マンモスレイク観光局、ピア39、ビバリーヒルズ観光局、ソノマワインカントリー



▲挨拶をするカリフォルニア観光局のマージョリー デューイ日本代表



▲カリフォルニアの魅力を話すフリーランス・エディターの宮原友紀さん(右)と、カリフォルニア観光局の森川由佳氏(左)