HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年12月7日

アロヒラニリゾート・ワイキキビーチ(旧パシフィックビーチホテル)、リニューアル情報

Check
アロヒラニリゾート・ワイキキビーチ(旧パシフィックビーチホテル)のロブ・ロビンソン マネージングディレクターが、プロモーションのため来日し、17年10月のホテル名変更から現在までの状況について話した。リニューアルの状況は、現在、森本正治シェフがプロデュースする2つのレストラン(Morimoto & Asia、Momosan)が18年1月の開業に向け最終的な調整を行っていることを除き、17年12月11日のプール(Swell Pool & Bar)オープンでホテル内の全ての施設が通常の営業を行う。リニューアル後に利用した宿泊客からはホテル施設へ満足の声が寄せられ、客室アメニティ(マリエ・オーガニクス)も好評という。ソフト面では、新コンセプトを“Aloha Chic(上質なサービスをアロハスピリットと共に温かくご提供するという意味)”とし、管理者を含めた全社員に研修を実施。ロブ・ロビンソン マネージングディレクターは「日本人スタッフの増加、マネジメント層の増加などでソフト面の対応も行った。スタッフは、新しくなったホテルで、お客様をお迎えすること楽しみにしている」と利用を呼びかけた。



▲ロブ・ロビンソン マネージングディレクター



▲インフィニティプールは、眼下にビーチを望むロケーション。



▲新設されたフロントデスク。日本語サービススタッフも増員した。