HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年10月31日

トルコ共和国、建国94周年記念レセプションを開催

Check
1923年10月29日の共和制宣言から本年で94年を迎えたトルコ共和国。 このほど駐日トルコ大使公邸で建国記念レセプションが開催された。 政界、報道、企業、文化関連や在日トルコ人など、 各界から多くの関係者が出席した。  

レセプション冒頭ではトルコと日本両国国歌が友好と親善の証として演奏された。 トルコのレジェップ タイイップ エルドアン大統領からの祝辞を読み上げた、駐日トルコ共和国大使のアフメト・ビュレント・メリチ特命全権大使は、 19世紀からさかのぼる日本とトルコの特別な友好関係の象徴的な出来事として、 1890年9月に遭難したオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号に乗船していた、 オスマン帝国使節団を和歌山県大島村(現在の串本町)樫野の住民が救助した エピソードを紹介した。
それ以来、1985年のトルコ航空による、在イランの日本人救出のエピソードや 経済面での協力など、様々な分野で両国は有効なパートナーシップを持ち続けている ことへの感謝を述べた。  

また日本からは防衛大臣政務官の大野敬太郎氏が祝辞を述べ、アジアの西と東の端に ある両国の共通点として、ともに恩義を重んじる点に触れ、友好の歴史が続いていること に感謝した。


▲写真:握手をする防衛大臣政務官の大野敬太郎氏(左)、
              駐日トルコ共和国大使のアフメト・ビュレント・メリチ特命全権大使(中央)     
               メリチ特命全権大使婦人(右)