HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年7月25日

セブンシーズ・マリナー、2020年ワールドクルーズの予約開始

Check
  セブンシーズ・マリナーによるサンフランシスコまたはマイアミ発着、131泊、2020年ワールドクルーズの予約が2017年7月20日から受付を開始した。リージェント・セブンシーズ・クルーズのワールドクルーズ「ナビゲート・ザ・ワールド2020」は、オールスイート/オールバルコニーのセブンシーズ・マリナーにゲストを迎え、2020年1月24日サンフランシスコ発、南太平洋の島々の絶景やインド亜大陸の文化を満喫した後、アラビア半島をなぞり、穏やかな春の地中海を抜けて初夏にはカリブ海から中米を巡る131泊の世界周遊だ。地球をぐるりと一周するアイテナリーには、13回の停泊を含む66か所の寄港、36のユネスコ世界遺産を訪れるなど、6大陸30ヵ国が網羅されている。330コースの中からいくつでも無料で参加できる寄港地エクスカーションはもちろん、大冒険のスタートに相応しいサンフランシスコでの前夜祭ガラディナーや航海中に企画されている3度の寄港地イベントなどで存分にラグジュアリーな体験を味わうことができる。

 リージェント・セブンシーズ・クルーズ社長兼CEOのジェイソン・モンタギュー氏は2020年ワールドクルーズの発表に際して「リージェント・セブンシーズ・クルーズは特にワールドクルーズで認知されています。その2018年と2019年バージョンは私共の船で皆さまに一番親しんでいただいているセブンシーズ・ナビゲーターで実施されますが、2020年はいよいよオールスイート/オールバルコニーのセブンシーズ・マリナーに引き継がれ、まさに圧巻の世界周遊となります。リージェント・セブンシーズ・クルーズがトレードマークとしている最もインクルーシブなラグジュアリー体験と共に、深く心に刻まれるアイテナリーを楽しんでいただけるはずです。もちろん旅の初めから終わりまで、私共の優秀なサービススタッフとクルー全員によるパーソナライズされたおもてなしで最大限快適な船上生活もご提供させていただきます」とコメントしている。

  「ナビゲート・ザ・ワールド2020」のゲストにはワールドクルーズ寄港地スペシャルイベントと共に、さらに特別なサービスも用意されている。制限なしのランドリー(ドライクリーニングとアイロンを含む)、船上での医療サポート。以上に加え、リージェント・セブンシーズ・クルーズが通常提供している最もインクルーシブなラグジュアリー体験ももちろん適用され。優秀なスタッフとクルーによるパーソナライズされたハイレベルなもてなし、いくつでも参加できる寄港地エクスカーション、WiFi、特選ワインやスピリッツを含む制限なしの飲料、オープンバー、ラウンジ、インスイートミニバーは毎日補充、スペシャリティレストラン、チップ、空港と船間の送迎など。

 また、2020年ワールドクルーズでは、より奥地にある多彩な文化、ドラマチックな絶景、印象深いランドマークなどを探訪するオーバーランドプログラムがオプションとして実施される。少人数グループで知識豊富なガイドが同行する最長3泊の小旅行で、例えばインドネシアのバリ島からカンボジアのアンコールワットに行く3泊の旅、インドのコーチン発3泊でタージマハルまで、エジプトでは有名な遺跡を訪れる1泊ツアーなど。オーバーランドプログラムには追加料金がかかる。詳細はクルーズ予約の開始以降に公開。

「ナビゲート・ザ・ワールド2020 」Eブローシャー
http://www.rssc.com/ebrochures/2020_WorldCruise/