HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2017年3月16日

インフィニ、恒例の中国セミナーを開催

Check
中国系キャリア8社もプレゼンテーションを実施

 インフィニトラベル インフォメーション(インフィニ)は、先ごろ、コートヤードマリオット銀座東武ホテルにて「2016年度インフィニ中国セミナー」を実施、多数の旅行会社関係者が参加した。今回のセミナーには、厦門航空、海南航空、四川航空、上海吉祥航空、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、香港航空の8社が参加。各社の担当者より東京発着便のほか、乗り継ぎ便の案内、各種サービスやキャンペーン情報などが紹介された。インフィニからは、中国系航空会社との最新コネクティビティや今後の開発予定を説明。中国系LCCのリリース状況についても報告した。また、「INFINI LINX PLUS」との併用で利用可能な、最安値検索機能や多言語対応などの新予約ツールも紹介。さらには、2017年にバージョンアップを予定している「INFINI WebStart」の開発状況も説明、料金表示がさらに見やすくなるほか、販売分析機能などが付加される。


▲写真:セミナーの開催に先立ち、挨拶をしたインフィニの藤木悟代表取締役社長は、「日中間の旅客定期便が1週間あたり1000便を越えるまでに成長し、2国間の便数としては中国が一番多い」ことに言及。「昨年は日中双方の往来が900万人を超えているが、今後、さらに日本発の渡航者を増やさないと日本の旅行業界も元気が出ない。本日のセミナーでの情報を役立ててほしい」と呼びかけた。