HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2017年3月10日

週刊トラベルジャーナル2017年3月13日号(特集:プレミアムフライデー)発行のお知らせ

Check
 〔編集長より〕

 月末の金曜日は15時終業で……。こんなプレミアムフライデーの試みが2月から始まりました。まだ導入企業は一部にとどまりますが、商戦獲得に向けたアプローチは各業態で活発化しています。

 博報堂行動デザイン研究所は金曜発の小旅行を金発ツーリズムと命名しましたが、特集は旅行需要につなげる方策を考えました。観光業界で目立つ割引や特典の提供は、果たして新たな需要創出につながるのでしょうか。博報堂・國田さんのいうプレミアムフライデーの価値にもっと目を向けたいものです。





【特集】
 *プレミアムフライデー
  金曜の午後から旅へ

 新たな旅行機会の創出や消費マインドの活性化に期待がかかるプレミアムフライデーがいよいよスタートした。試みが定着するか否か、現時点では定かではないものの需要創出と獲得へ向けたプレミアムフライデー商戦の幕が切って落とされた。

  ▽プレミアムフライデーがスタート
  ▽旅行需要のつかみ方
   國田圭作(博報堂行動デザイン研究所所長)
   高橋敦司(東日本旅客鉄道営業部担当部長)
   石田言行(トリッピースCEO)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *価値共創による現地情報サービスの構築(後編)
  塙泉(産業能率大学経営学部准教授)

注目のニュース
 日本人の国内旅行、宿泊伸び悩み
 エアビー、日数上限の導入検討
 16年国際旅行者、12.4億人に
 百貨店外客売上高が過去最高

誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術

コラム
  *視座 栗原博(日本商工会議所地域振興部長)
  *ニッポン繁盛記
 *ビジネスパーソンの日々雑感