HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2017年1月27日

週刊トラベルジャーナル2017年1月30日号(特集:変わる着地型旅行)発行のお知らせ

Check
〔編集長より〕

 発地型から着地型へ。旅行商品企画のキーワードとしてそのようなことが言われてずいぶん時間が経つように思います。大手旅行会社も着地型へのビジネスモデル転換を急ぎ、旅行目的地の関係者だからできる観光資源・魅力の深掘りへと力を注いできました。

 近年は現地での体験型企画を販売するサイトも登場。タビナカの注目は高まる一方かと思いきや、依然課題だらけといいます。12月に観光庁がまとめた規制緩和の施策。特集で考察を試みました。着地型旅行販売は果たして変わるのでしょうか。





【特集】
 *変わる着地型旅行
  販売規制が緩和へ

 観光庁の「新たな時代の旅行業法制に関する検討会」は昨年12月の中間とりまとめの中で、着地型旅行を企画・提供しやすい環境を整備する必要があるとし、関連する規制の緩和にも言及した。着地型旅行は今後どのように変わっていくのか。

  ▽検討会中間とりまとめの概要
  ▽着地型旅行は変わるのか
   池田孝昭(日本内外旅行取締役会長)
   福井善朗(山陰インバウンド機構代表理事)
   井口智裕(いせん代表取締役/雪国観光圏代表理事)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *スルガ銀行×NHの顧客アプローチ術
  旅を媒介に接点づくり

注目のニュース
 JATA、海外旅行促進へ協議会
 日旅、20年に4400億円目標
 関西エア、空港型免税店見送り
 10月の総取扱額6.0%減

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『民間が営む新たな観光案内』
  シェスタク・ワレンティン(JNTOロンドン事務所次長)

コラム
 *視座 高橋敦司(東日本旅客鉄道営業部担当部長)
 *5分でわかるツーリズム
 *ビジネスパーソンの日々雑感

統計・資料
 *旅行業主要49社 10月の取扱状況