HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2016年12月9日

週刊トラベルジャーナル2016年12月12日号(特集:海外市場の潮目は変わったのか)発行のお知らせ

Check
 〔編集長より〕

 アウトバウンド市場が動き始めています。9月までの出国者数は5月を除きプラス成長。8月は10.0%増と実に50カ月ぶりの2桁成長を記録しました。

特集では「海旅市場の潮目は変わったのか」と、各種統計や調査数値にあらためて目を向けました。JTB総研は16年を00年、12年に続く海旅市場のターニングポイントと位置づけ、潮目は変わったとの見方を示します。ただ、これは旅行会社が市場の波に乗り切れない現状を織り込んだ捉え方。特にパッケージ不振は深刻でJTB同様、各社の今後も気になります。





【特集】
 *海旅市場の潮目は変わったのか
  4年ぶりプラス成長見えるも…

 長らく低迷していた日本人の海外旅行市場が、16年に入り好調に推移している。1~10月は5月を除きプラス成長で推移。8月には2桁成長を記録した。果たして海外旅行市場の潮目は変わったのか。そして、アウトバウンド関係者悲願ともなる復活の道を歩み始めているのだろうか。

 ▽1~10月の海旅市場動向
 ▽主要旅行会社の取扱状況
 ▽JTB海旅事業復活の構図
 ▽海旅市場の潮目に
  志賀典人(公益財団法人日本交通公社会長)

---------------------------------------------------------------------

注目のニュース
 訪日・国内ランオペ、登録制で監督
 日中政府、観光交流拡大へ覚書
 パソナとシェアリング協会が提携
 9月の総取扱額7.1%減

誌上セミナー
 *ショッピングツーリズムABC
  新津研一(ジャパンショッピングツーリズム協会専務理事・事務局長/USPジャパン代表取締役社長)

コラム
  *視座 高岡謙二(ジャパンガイド取締役/エクスポート・ジャパン代表取締役)
  *ナベケン流インバウンドの教科書
 *ビジネスパーソンの日々雑感

統計・資料
 *渡航先別日本人訪問客数
 *国・地域別訪日外国人客数
 *旅行業主要50社 9月の取扱状況