ハイアット、アップル・レジャー・グループ買収へ ラグジュアリー市場拡大

2021.09.06 00:00

 ハイアット・ホテルズ・コーポレーションはアップル・レジャー・グループ(ALG)を27億ドルで買収する。ALGの株式保有者と合意した。ALG は複数のブランドの下、観光チケットやパッケージツアー、ホテルなどの事業を幅広く手掛けている。ハイアットは買収により、オールインクルーシブリゾートで世界最大の運営企業となり、欧州で高級ホテル事業を60%拡大するとともに、メキシコとカリブ海で最大のブランドになることを目指している。

 買収対象にはALGの全子会社が含まれる。ブランドではアップル・バケーションズ、ファンジェット・バケーションズ、トラベル・インプレッションズのほか、ユナイテッド航空やサウスウエスト航空などに提供するパッケージサービスが含まれる。

 ALGのアレハンドロ・レイナルCEOは、「ハイアットの深い専門知識とグローバルな事業基盤にALG の強力なリゾートブランド、運営能力、強固な開発計画を組み合わせることで地位が高まり、ラグジュアリーなレジャー旅行のリーダーを生み出す」と述べている。ハイアットによると、24年末までにさらに20億ドル規模のホテル資産の売却機会が得られるとしている。


この記事は米フォーカスライト運営のニュースサイト「フォーカスワイヤー」を基にフォーカスライトの牛場春夫日本代表が執筆したものです。参考記事(英文)はこちら。
「HYATT ACQUIRES APPLE LEISURE GROUP FOR $2.7B」

関連キーワード