Travel Journal Online

1月百貨店外客売上、26カ月ぶりのマイナスに

2019年4月18日 5:14 PM

 日本百貨店協会がまとめた1月の外国人観光客の来店動向によると、調査対象
93店舗の総売上高は前年同月を7.7%下回る262億7000万円となった。26カ月ぶりのマイナス。購買客数は0.8%増の42万人だったが、1人当たりの購買単価が8.4%減の6万3000円となった。単価は7カ月連続減。

 同協会は、「中国本土で米中摩擦による景気の減速に加え、年明けから免税品に対する規制強化の影響を受け、訪日動機や購買意欲が抑制された」と分析する。一方、購買客数については、「引き続き増勢基調にある」と見ている。

 売上高の内訳は、一般物品が11.2%減の151億7000万円と3カ月ぶりのマイナスに転じた。消耗品は2.3%減の111億円だった。