HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2014年7月14日

週刊トラベルジャーナル2014年7月14日号発行のお知らせ

Check
 【編集長より】

 「飲食店で店員は説明するそぶりもなく淡々と自分の仕事をするだけ」。訪日外国人の不満度調査でこんな回答がありました。この店員の例は自ら見えない壁をつくってしまった典型。英語が苦手、英語が話せない。私を含む多くの日本人が言葉の壁を抱えます。ただ、冒頭のような対応をされたら、私たち日本人だって快く思わないはず。気がつけば、外国人観光客を目にする機会が随分増えています。壁、乗り越えたいと思います。

【特集】

 言葉の壁を乗り越えよう
 英語力への不満を満足に変える術
 
 国民の多くが英語に対する苦手意識を持つ日本。訪日外国人旅行者が挙げる日本への不満も英語絡みが少なくない。しかし本来、外国人に道を聞かれたとき、英語が話せなくても、その場所まで案内するという気質を持つのが日本人でもある。英語力への不満を満足に変える方策を考えていく。

 ▽訪日外国人の言葉の不満
 ▽言葉の壁を乗り越える
  田辺市熊野ツーリズムビューロー
  チームラボ
 ▽中津江村の経験から
  坂本休(元・大分県中津江村村長)
 ▽提言
  澤功(澤の屋旅館館主)

---------------------------------------------------------------------

論文
 *東日本大震災の被災地における
 惨禍の保存と観光に関する地元住民の意識
  島川崇(東洋大学国際地域学部国際観光学科准教授)

注目のニュース
 エアアジア、来夏に日本再参入
 海外旅行会社の飲食店探しを支援
 京都市、通年で宿泊客平準化
 百貨店外客売上、5月最高値
 
誌上セミナー
 *中国人客の購買パワー獲得術
  斉藤茂一(レジャーサービス研究所所長)

コラム
*視座 井口智裕(いせん代表取締役)
*SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
*ニッポン繁盛記
*トレンド観測
*ナベケン流インバウンドの教科書
 *ビジネスパーソンの日々雑感

電子書籍はこちらをクリック!