HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2011年5月2日

5月2・9日特別号〈時の話題〉「大阪駅新装で激化する店舗競争」他

Check
 2011年5月2・9日特別号

Feature
〈時の話題〉

大阪駅新装で激化する店舗競争
日旅・JTB軸に攻防活発に 
5月4日、西日本最大のターミナルとしてJR大阪駅と駅ビル「大阪ステーションシティ」が全面開業する。かねて旅行会社の中でも基幹店舗が集まり競争の激しかった駅周辺地区。新たな需要取り込みへ攻防戦が活発化している



PC、iPhone、iPad版の電子書籍の立ち読み、ご購入を希望される方は、上の表紙画像をクリックしてください。
紙媒体の週刊トラベルジャーナルのご購入・定期購読を希望される方はこちらをクリックしてください。

   特別企画

大震災関連3つの質問に
三浦弁護士が答える
  
リファンドチャージ、訪日旅行取り消しなど


  
 訪日市場攻略 シリーズ総力取材

諸外国に学ぶ危機からのリカバリー
① スマトラ沖地震・津波

「発生直後に着手した行動指針と情報発信」

日本列島を襲った東日本大震災。この未曾有の災害は、観光立国へ踏み出した日本のインバウンド施策に大きな影を落とした。外国人客を呼び戻すために、いま旅行・観光業界は何をすべきか。今号から3週にわたり、過去に危機的状況に見舞われながらも復興を遂げた諸外国の軌跡をたどり、日本復活へのヒントを探る。初回は、04年に発生したスマトラ沖地震・津波を取り上げる。
がんばろう ニッポン
がんばろう 旅行産業