HOME » Promotion & Campaign »

リリース日:2018年11月9日

仏シャンパーニュ地方の観光セミナー グラス片手に情報交換

Check
フランス・シャンパーニュ地方の観光セミナーが11月6日、ストリングスホテル名古屋で開催された。JATA(日本旅行業協会)中部支部をはじめ名古屋市内の旅行会社らが参加した。来日したのはシャンパーニュ・アルデンヌ地方観光局、昨年名古屋市と姉妹都市になったランスの観光局、トロワ、エペルネの観光局、シャンパーニュメゾン、ホテル、ランドオペレーターなど。セミナーではパリやシャルルドゴール空港からの近さがアピールされ、15年に世界遺産登録されたシャンパン製造者のメゾンやカーブを訪ねるツアーやシャンパン街道を巡る旅の魅力が熱心に語られた。懇親会ではシャンパンの乾杯に始まり、グラス片手に情報交換が行われた。




▲懇親会で挨拶を交わすJATA中部支部の石川勉事務局次長(右)とランス観光局のアレクサンドル・バリトー セールスディレクター