HOME » トラベルジャーナル »

リリース日:2018年9月24日

週刊トラベルジャーナル2018年9月24日号(特集:旅のハードル 「手軽さ」で20代男子動かす)発行のお知らせ

Check
【編集長より】 

 特集は「旅のハードル」。

 旅先の選定から手配まですべて丸投げできたり、代金10万円までなら2カ月後に支払う形でいますぐ旅行に行けるなど、旅のハードルをぐっと下げるサービスの人気に着目しながら、腰の重い若年男子の動かし方を考えました。

 旅行は時間負担が大きいとの指摘がありますが、これに心理的なハードルが加わります。

 「旅行会社の店舗って、そもそもふらっと入っていいものなんですか」。

 以前、20代男子からこんな質問を受けたことを思い出しました。






【特集】
 *旅のハードル
  「手軽さ」で20代男子動かす

 海外旅行のハードルが指摘されて久しい。特定層に物理的にも精神的にも高くそびえ立ち、特に20代男性市場の腰を重くしている。そんななかで登場した旅のハードルを下げる旅行系アプリの賑わいからは、若年男性市場攻略のヒントが垣間見える。

  ▽若年男子の旅のハードル
   平林潤(アクセンチュア デジタルコンサルティング本部シニア・マネジャー)
  ▽ハードル下げるひと工夫
  ▽旅のハードルを下げるために
   松田久一(ジェイ・エム・アール生活総合研究所代表取締役社長)
   安田亘宏(西武文理大学サービス経営学部教授)

---------------------------------------------------------------------

注目の事例
 *社員の声が生んだ日旅の働き方改革
  PJ☆SOLで女性が活躍する環境づくり

注目のニュース
  関空被災、訪日市場に大打撃
  JTB、新型店舗を相次ぎ開業
  世界の国際観光客、17年13.2億人
  5月旅行取扱額、1.9%増

誌上セミナー
 *JNTO発外客攻略のヒント
  『食好きの若者が熱い』
  坂本卓也(JNTOシドニー事務所次長)

コラム
 *視座 高橋敦司(ジェイアール東日本企画常務取締役営業本部長チーフ・デジタル・オフィサー)
 *SCRAP ニュースに見る海外の旅行ビジネストレンド
 *ひと デフネ・オズアルプ氏(トルコ共和国大使館・文化広報参事官室日本・韓国・台湾代表)
 *宿泊ビジネスの灯
 *ビジネスパーソンの日々雑感 鎌田智子(元ホステル支配人)

統計・資料
 *旅行業主要50社 5月の取扱状況